checklist-1917547_640

急な出費で予算オーバーになるケースはめずらしくありません。審査なしで今すぐお金を借りたい、という状況で利用できる融資システムにはいくつかのパターンがありますが、初心者の方にはそれぞれの違いがわかりにくいかもしれません。

今すぐお金を借りる必要がある場面ですぐに利用できる金融機関について具体的にまとめました。
参考サイト → お金を借りる17つの方法|あなたに合ったお金の借り方が見つかる!

手軽にお金を借りる手段としてキャッシングとカードローンがありますが、皆さんは両者の違いを正確に説明できるでしょうか?

キャッシングとカードローンは、「お金を借りる」という意味では共通していますが、厳密に言えばいくつかの違いがありますので、利用する前にそのあたりをきちんと把握しておく必要があります。

まず、キャッシングはクレジットカードに付帯したサービスであり、ATMや銀行のキャッシュディスペンサーから現金を引き出すことができます。

基本的には小口融資がメインであり、1回あたりの利用限度額も数千円から数万円と比較的少額に設定されています。返済方法は翌月の一括払いや「残高スライド式リボルビング払い」になることが多く、禁裏はやや高い水準になっていることが普通です。

一方、カードローンは銀行やノンバンクが発行するカードから申請でき、1回あたりの融資限度額も数万円から数十万円と比較的高額になっています。

一般的なキャッシングに比べて金利がやや低いのが特徴で、返済方法もリボ払いや翌月以降の分割払いが基本になります。

カードローンとキャッシングの違いは金利と返済方法であり、「今月ちょっと予算オーバーだからお金を借りたい!」という場合はキャッシングを、ある程度長期的なスパンでゆっくり返済したいという場合は低金利のカードローンを利用する、というのが一般的な選択肢と言えます。

どちらかというと、小口融資を基本とするキャッシングのほうが手軽に利用できるイメージがありますが、借金であることに変わりはなく、カードローン以上に高金利であることを考えるとあまり頻繁に利用するのは得策とは言えません。

返済期間の面ではクレジットカードのリボ払いのほうが柔軟性があり、月々の返済額も柔軟にコントロールできるため、キャッシングやカードローン以外に安全に利用できる融資システムがないかどうか慎重に検討してみましょう。

キャッシング、カードローン利用にあたっては事前に金利を計算し、トータルの返済額を具体的にシミュレーションしたうえで余裕をもった返済プランを組み立てましょう。

カードローンの総量規制が大きく変わる?知っておきたいポイント

2010年6月の貸金業法改正にともない導入されたカードローンの総量規制。

「借りられるお金の上限が制限される」ということは何となく知ってはいても、具体的にどのような制限がかかるのか、どのようなパターンの借入が対象なのか、という詳しい情報についてはよほどの専門家でないかぎりきちんと把握していない、というケースも少なくないのではないでしょうか。

カードローンの総量規制をひと言で表すと、「年収の3分の1以下しか借入が認められなくなる」というルールのことです。

1回ごとの借入ではなく、トータルの借入額について適用される規制のため、仮に年収が300万円であれば100万円までしか借入額が設定できないことになります。

貸金業法が改正され、トータルの借入額が法律で制限されるようになった背景には、長期間におよぶ多重債務による自殺の増加があります。

90年代のバブル崩壊から2000年代にかけて不況がつづき、また増税などの影響もあって複数の金融業者からまとまった借入を行う企業や個人が増えていました。

当時はグレーゾーン金利を規制する法律もなく、年率28%、という現在の視点で考えれば法外な高金利が当たり前のように適用され、その結果として膨らみつづける利息の返済に困窮し、最終的に命をなげうってしまうというケースがめずらしくありませんでした。

その流れを打開すべく政府が講じたのが貸金業法の改正であり、借入額の年収による制限とグレーゾーン金利の廃止によって多重債務に苦しむ企業や個人は格段に減少しました。

ただ、貸金業法上の規制にはいくつかの例外と除外規定がもうけられており、借入の理由によっては年収による上限を超えて融資を申請することも可能になります。

たとえば、不慮の事故や予期せぬ病気などにより緊急の手術が必要になり、医療費が不足している場合は規制の対象外となり、まとまった金額を借りることができます。

また、一時的に年収が低くても将来的な返済能力が高いと認められれば上限より多くの借入を申請することができ、実質的な借入枠を増やすことができます。

なお、本人の収入がない専業主婦は単独でローンを申請することができず、配偶者の名義でローンを契約するか、専業主婦でも申請可能なクレジットカードに申し込む必要があります。

貸金業法の改正によって国内の多重債務者の総数は減少傾向に転じ、なおかつ借金苦を理由にした年間の自殺者も減ってきているということで、法改正については一定の効果があったと考えることができます。

銀行でお金を借りるにはどんな書類が必要?本人確認の手順

tyeku

銀行や消費者金融でお金を借りる際には厳密な審査と手続きが必要となります。借入の手続きにあたっては本人確認書類が必要で、手続き上の不備があれば融資を受けることができません。

ここでは、銀行でお金を借りる場合に必要になる書類や一連の手続きについて詳しく御説明いたします。

銀行での本人確認は信用情報を銀行側が確かめるための手続きだと思われているかもしれませんが、実は「犯罪収益移転防止法」によって手続き時の本人確認が義務づけられており、どの銀行でも統一されたルールが定められています。

銀行でお金を借りる際に必要になるのは、「運転免許証(運転経歴証明書)」、パスポート、マイナンバーカード、障害者手帳などの公的証明書であり、このうちのいずれかひとつを提出すれば本人確認としては充分です。

運転経歴証明書とは、後期高齢者になって運転免許証を返納した場合に交付されるもので、法的には運転免許証と同等の効力をもちます。

健康保険証や母子福祉手帳などでも本人確認は可能ですが、これらの場合は複数の書類を組み合わせて提出する必要がありますので注意が必要です。

金融機関が融資をする際に最も重視するのはもちろん、申請者の返済能力です。金融機関にとっては「返済能力=社会的な信頼度」であり、審査によって一定以上の返済能力が認められなければお金を借りることができません。

一般的には「返済能力=収入の高さ」であると思われているようですが、両者は厳密にはイコールではなく、収入が高いからといって返済能力があると認められるわけではありません。

たとえば、一時的に月50万円以上の収入があったとしても、それが短期間で途絶えてその後無収入になってしまったのでは安定的に返済をつづけることができません。

むしろ、30万円の収入が長期間にわたって保障されている人のほうが返済能力が高いと見なされ、金融機関から見た社会的信用度も高いと評価されます。

銀行からお金を借りやすくするためには、カードローンを活用するのが近道です。カードローンの審査に一度通過していればそれ以降はほぼ無条件でお金を借りることができ、金利も消費者金融と比較して低くおさえられているためゆとりをもった返済計画を立てることができます。

まとまった融資の場合は専属の担当者がひとりつきますから、プロのアドバイスを聞きながら無理なく返済をつづけられる方法をシミュレーションすることができます。お金を借りる前には、あらかじめ必要書類を確認しておきましょう。

消費者金融の即日融資を申し込む前にチェックしたい借入の注意

消費者金融の即日融資が充実しているおかげで、今の時代、「手もとにお金がなくて大ピンチ!」というようなケースは少なくなりました。

きちんとした返済プランを立て、計画的に利用をすれば非常に便利で暮らしの助けになる消費者金融の即日融資ですが、銀行よりもはるかに年利が高いことにくわえて返済期間がタイトであるという特徴があり、手軽さに惹かれて安易に利用をつづけると気づいた時には利息分さえもまともに返せなくなる、というトラブルにつながる危険性があります。

金融業者から融資を受けるにあたっては、あらかじめ「お金を借りる」ということの本質的な意味について深く考え、理解しておく必要があります。

人はなぜ、お金を借りるのでしょうか。

  • 一時的にお金が足りないから?
  • 手もとにお金がないと困るから?

もちろんそれらも理由のひとつとして挙げられますが、それは決して、お金を借りることの本質ではありません。

少しだけ、想像をふくらませてみましょう。もしも、将来にわたって労働力が与えられず、1円たりとも自分自身の力で生み出すことができないとわかっているとしたら、その人は果たしてお金を借りようとするのでしょうか。

金融業者の収入審査に通らない、という現実的な理由をのぞいたとしても、おそらくその人はお金を借りるという行為そのものを視野に入れないのではないでしょうか。

つまり人は、未来の自分がお金を生み出せることを信じているからこそお金を借りることができるのです。

言い換えれば、「お金を借りる」ことは将来の自分の労働力を担保にして目の前の現金を手に入れることであり、金融業者はつまるところ、「その人にどれだけの労働力が見込めるか」という部分をシビアに見きわめているのです。

将来を見据えた計画的な借入であれば特に問題はありませんが、なかには何らかの理由により歯車が狂い、視野がきわめて近視眼的になり、「借金を返すためにさらにお金を借りる」という状況になっている方も多いとは思いますが、お金を返すためだけの人生は無味乾燥で、味気ないものです。

お金を借りることが当たり前になりつつある時代だからこそ、「借金とは将来の労働力を担保にする行為である」という本質をつねに意識し、専門家などと何度も相談したうえで身の丈に合った返済額と返済期間をシミュレーションしましょう。

最近では弁護士や司法書士などの無料の相談窓口も増えていますので、借金がなかなか返せなくて不安だという方はぜひともアプローチしてみましょう。